在留資格の種類について

在留資格の種類には下記のようなものがあります。

①就労できる在留資格
「人文知識・国際業務」、「技術」、「技能」、「企業内転勤」、
「法律・会計業務」、「医療」、「研究」、「報道」、「宗教」、「芸術」、
「教授」、「投資・経営」、「興行」、「技能実習」

②就労できない在留資格
「文化活動」、「短期滞在」、「留学」、「研修」、「家族滞在」

③就労に制限のない在留資格
「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」

④特定活動
ワーキングホリデー査証等を所有している場合であるが、継続勤務期間の定め等があるため、
採用は慎重に行う方が良いでしょう。