就労資格証明書について

就労資格証明書とは、日本に在留する外国人の方が仕事ができることを証明するものです。

しかし、外国人の方が仕事をする場合に必ず就労資格証明書が必要というわけではありません。証明書がないからといって仕事ができない又は違法という事ではありません。就労資格証明書の提示はあくまで任意です。

この就労資格証明書は、雇用主が誤って就労できない外国人を雇用することを防止でき、就職しようとする者にとっても合法的に就労できる資格であるということの証明になります。

就労資格証明書取得の必要書類

  • 就労資格証明書交付申請書 1通
  • パスポート及び在留カード
  • 新しい雇用先の概要を明らかにする文書
  • 履歴書
  • 次のいずれかで、新しい雇用先での業務内容、期間、及び報酬を証明する文書
    ・雇用契約書の写し 
    ・辞令の写し 
    ・採用通知書の写し  など
  • 退職証明書や源泉徴収票などの過去の職の証明書