貨物利用運送事業とは

荷主との運送契約により、国内外を問わず、陸海空のうち最適な輸送手段を利用して貨物の集荷から配達までを一貫して行う運送事業を「貨物利用運送事業」といいます。

貨物利用運送事業者は、荷主との間で運送契約を結び、他の運送事業者が経営する船舶(外航・内航)、航空(国内・国際)、鉄道、自動車の運送事業を利用して荷主の貨物を運送します。荷主に対する運送責任は、他の運送事業者が負担するのではなく、貨物利用運送事業者が負担します。

 

貨物利用運送事業の許可及び登録について

荷物を運ぶ貨物運送事業、人を運ぶ旅客運送事業、又は商品等を保管する倉庫業を営むには運輸支局を通じて、運輸局長や国土交通大臣の許可もしくは登録が必要です。

 

貨物利用運送事業の種類

貨物利用運送事業には、航空、鉄道又は海運を利用して行う貨物の運送に先行、又は後続して自動車による集配を行う第二種貨物利用運送事業と、第二種貨物利用運送事業以外の貨物利用運送事業である第一種貨物利用運送事業があります。