宅地建物取引業の免許取得について

まず、宅地建物取引業とは、自らが行う宅地や建物の売買や交換を業として行う事。売買や交換、貸借をするときの代理や媒介を業として行う事をいいます。

この宅地建物取引業を業として行う場合には、宅地建物取引業の免許を取得する必要があります。
免許を取得せずに業を営むと、無許可の営業となり、罰則の対象となりますので免許の取得は不可欠です。

 

宅地建物取引業免許の申請先

  • 2つ以上の都道府県に事務所を設置し、宅地建物取引業を営もうとする場合
    →国土交通大臣
  • 1つの都道府県に事務所を設置し、宅地建物取引業を営もうとする場合
    →都道府県知事

また、宅地建物取引業免許の有効期限は5年間となりますので、引き続き宅地建物取引業を行う場合には有効期限を更新する必要がありますので、満了日より1か月~2か月前までに更新の申請をしましょう。

 

  • 無料相談実施中
  • 事務所案内
  • 事務所へのアクセス
  • 税理士・社労士など他士業の皆さまへ

Menu contents

事務所案内

事務所所在地の地図