HOME > 外国会社の日本支社設立サポート|支店設立なら行政書士織田事務所

外国会社の日本支社等設立サポート

外国会社が日本に進出し、日本国内にてビジネス活動を行う場合は、
外為法(外国為替及び外国貿易法)や、会社法など日本の法律に従う
ことになります。

外国会社が日本にてビジネス活動を行う場合には、主に日本支社、
日本支店、駐在員事務所の3つの組織形態の中から選択することに
なりますが、それぞれの組織形態のメリット・デメリットを十分に
考慮する必要があります。

2重課税を避ける意味では、色々なアプローチがありますが、実態に
即した対応が求められます。

支社(日本国内で独立形態)にするか、支店(日本国内で部門決算)にするか、ビジネスの
の内容によっても異なります。連携している税理士事務所と一緒にアドバイスをさせて
いただくことが可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
      

 

 

2012年8月30日
外国会社日本支社等設立
2012年8月30日
設立手続き④
2012年8月30日
設立手続き③
2012年8月30日
設立手続き②
2012年8月30日
設立手続き
  • 無料相談実施中
  • 事務所案内
  • 事務所へのアクセス
  • 税理士・社労士など他士業の皆さまへ

Menu contents

事務所案内

事務所所在地の地図