医療法人設立の手続き

まず、医療法人とは医療法によって設立された法人であり、病院または診療所、介護老人保健施設を開設する社団または財団の事です。この医療法人を設立する場合には、医療法に基づき、設立の許可申請をします。

 

医療法人の種類

医療法人には 「社会医療法人」「特定医療法人」「特別医療法人」「出資額限度法人」などの種類がありますが、まずは「社団法人」にするか「財団法人」にするかを決めなくてはなりません。

 

設立に必要な資産

医療法では許可要件の一つとして、「医療法人はその業務を行うために必要な資産を有しなければならい」と定められています。 土地、建物、医療器具などは設立時においても所有している必要があります。 ただ、長期間で確実な賃貸借契約と認められれば所有していなくても問題はありません。

また、都道府県にもよりますがある程度以上の期間開業医としての経験がないと設立の認可が認められない事もあります。

 

こういった医療法人設立時には医療法による要件の確認や、申請書類の収集、作成を全て行う必要ありますので、一般の方が手続きをするには非常に困難な手続になります。

医療法人設立の手続きでお困りの方は、当事務所のプロにお任せください。まずはお気軽にお問合せください。

 

 

  • 無料相談実施中
  • 事務所案内
  • 事務所へのアクセス
  • 税理士・社労士など他士業の皆さまへ

Menu contents

事務所案内

事務所所在地の地図