決算変更届について

決算変更届(事業年度終了報告書)とは、建設業の許可を受けた建設業者が、決算期終了後4ヶ月以内に、許可行政庁に対し事業年度終了報告書を提出しなければならない書類です。(建設業法第11条)

事業年度終了から2か月後くらいに税務署へ提出する決算報告を行い、その後決算書の内容を元に決算変更届を作成し、役所に提出をします。

万が一この決算変更届を役所に提出しなかった場合には、下記のような事態になりますので、注意しましょう。

  • 更新手続き・業種追加手続き・経審が行えなくなる
  • 6か月以下の懲役または100万円以下の罰金。(罰則となった場合)
  • 取引先への信用悪化・仕事の依頼の減少
  • などです。