経営事項審査とは

経営事項審査とは、公共工事を発注者から直接請負う建設業者が必ず受けなければならない審査です。

審査の内容

  • 経営規模の評価
  • 技術力の評価
  • 社会性の確認
  • 経営状況の分析

となります。公共工事であっても下請の場合は必要ありませんが、元請として直接請け負う場合は原則として必要になりますので注意が必要です。