請負契約について

請負契約とは「請負人がある仕事を完成させる事を約し、注文者がその仕事の結果に対して報酬を与える事を約束する」契約の事です。この契約は当事者双方の意思表示を要すること、仕事の完成に意義があること、報酬の支払いを前提とすることを契約しますという内容になります。

 

請負契約と委任契約の比較

当事者の契約で仕事に取組む契約の形態には他に「委任契約」というものが有ります。

請負契約の意義は「仕事の完成」です。 ですから、「請負人」は注文者が破産するような特別な事情が無い限り請負契約を「解除」することは出来ません。 勝手に辞めてしまえば、債務不履行に対する責任を問われることになります。  

しかし委任契約の場合は、相手方の委託に応じて法律行為を行うことが意義になりますから、 出来上がったところまでで、任意の時期に契約の両当事者から「解除」することが可能です。

 

契約は下請工事の着工前に書面により行うことが必要
建設工事の請負契約は、元請負人と下請負人が対等な立場で、書面をもって行い、契約書面の交付については、下請工事の着工前に行わなければなりません。
契約書面に記載すべき事項
契約書面には建設業法で定める一定の事項(①~⑭)を記載することが必要となります。
① 工事内容
② 請負代金の額
③ 工事着手の時期及び工事完成の時期
④ 請負代金の全部又は一部の前金払又は出来形部分に対する支払の定めをするときは、その支払の時期及び方法
⑤ 当事者の一方から設計変更又は工事着手の延期若しくは工事の全部若しくは一部の中止の申出があった場合における工期の変更、請負代金の額の変更又は損害の負担及びそれらの額の算定方法に関する定め
⑥ 天災その他不可抗力による工期の変更又は損害の負担及びその額の算定方法に関する定め
⑦ 価格等(物価統制令(昭和21年勅令第118号)第2条に規定する価格等をいう。)の変動若しくは変更に基づく請負代金の額又は工事内容の変更
⑧ 工事の施工により第三者が損害を受けた場合における賠償金の負担に関する定め
⑨ 注文者が工事に使用する資材を提供し、又は建設機械その他の機械を貸与するときは、その内容及び方法に関する定め
⑩ 注文者が工事の全部又は一部の完成を確認するための検査の時期及び方法並びに引渡しの時期
⑪ 工事完成後における請負代金の支払の時期及び方法
⑫ 工事の目的物の瑕疵を担保すべき責任又は当該責任の履行に関して講ずべき保証保険契約の締結その他の措置に関する定めをするときは、その内容
⑬ 各当事者の履行の遅滞その他債務の不履行の場合における遅延利息、違約金その他の損害金
⑭ 契約に関する紛争の解決方法
建設業法(抜粋)
(建設工事の請負契約の原則)
第18条
建設工事の請負契約の当事者は、各々の対等な立場における合意に基いて公正な契約を締結し、信義に従つて誠実にこれを履行しなければならない。
(建設工事の請負契約の内容) 
第19条
建設工事の請負契約の当事者は、前条の趣旨に従つて、契約の締結に際して次に掲げる事項を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならない。
当事者の一方が仕事を完成すること、相手方が仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束することを内容とする契約を請負契約といい、依頼する者を注文者、受託するものを請負人といいます。
 
仕事は仕事の完成をもってその内容となっており、注文者は完成された結果に対して報酬を支払うこととなります。従って、仕事が完成しなければ受託者は報酬を請求することは出来ません。
 
また、報酬(請負代金)は、仕事の完成に対して支払われるものである為、後払いが原則となっております。しかし特約によって前払いとしても、また、仕事の進行にしたがって分割払いとしても差し支えはありません。