貸金業務取扱主任者の国家試験の例題について

貸金業務取扱主任者が国家資格となりますが、その例題が貸金業協会から公表されました。
公表されている例題を貸金業法から検討してみたいと思います。

例題

資金需要者の返済能力調査に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選びなさい。

(1)貸金業者が個人顧客との間で貸付けの契約を締結する場合、貸金業者は、当該顧客の返済能力を調査しなければならず、当該契約を締結したときは、その調査に関する記録を作成し、これを一定の期間保存しなければならない。


(2)貸金業者が個人顧客との間で貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く)を締結するには、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用して返済能力に関する事項を調査しなければならない。


(3)個人顧客との貸付契約締結に当たり貸金業者が行う返済能力に関する調査に際し、当該契約に係る貸付金額と自社の当該顧客への貸付残高を合算した額が50万円を超えることが判明した場合、貸金業者は、原則として、当該個人顧客から源泉徴収票その他その者の資力を明らかにする書面又は電磁的記録の提出又は提供を受けなければならない。


(4)貸金業者が個人顧客との間で極度方式基本契約を締結した場合、当該貸金業者は、当該貸金業者の貸付残高の多寡にかかわらず、毎月、指定信用情報機関の保有する信用情報を使用して、基準額超過極度方式基本契約に該当するかどうかを調査しなければならない。


正解(4)

 

 

  • 無料相談実施中
  • 事務所案内
  • 事務所へのアクセス
  • 税理士・社労士など他士業の皆さまへ

Menu contents

事務所案内

事務所所在地の地図