HOME > 一般貨物自動車運送業許可|大阪で一般貨物なら行政書士へ > 一般貨物自動車運送業許可申請のよくあるご質問

一般貨物自動車運送業に関する、よくあるご質問

1.個人事業でも一般貨物自動車運送事業を行うことは出来ますか?

個人事業主でも可能です。
ただし、法人申請と個人申請の場合においても要件は同じです(細かな提出書類は異なります)。

 

2.事業譲渡する場合の要件は何ですか?

他者から設備の事業譲渡を受ける場合や一般貨物自動車運送事業を営んでいる会社の合併等
行われる場合、国土交通省に認可が必要となります。合併の場合においては、更に事業を
承継する会社が既に免許を取得していないといけません。

 

3.自宅を事務所として使用することは可能でしょうか?

可能です。ただし、生活空間と完全に独立している必要があります。自己所有の場合は、
使用承諾書等で対応できる場合もありますが、マンション等の集合住宅の場合は、
マンション等の管理規約に従う必要があります。また、賃借している場合には、事務所
として使用できることが賃貸借契約書に明記されている必要があります。

 

4.運行・整備管理者は許可申請時に雇用している必要がありますか?

許可申請時には、運行管理者及び整備管理者は選任予定で構いません。
ただし、許可取得の要件には許可取得後1年以内に事業を始めることとなっており、
許可取得後1年以内に運行管理者及び整備管理者を選任出来ない場合は事業の開始が
出来ません。

 

5.Gマークとは何でしょうか?Gマーク取得の要件は何でしょうか?

社団法人全日本トラック協会が認定・交付する「安全性優良事業所」のマークです。
事業所の安全性に対する法令の遵守状況、自己や違反の状況、安全性に対する取り組みへの
積極性の3テーマに計38の評価項目が設けられており、100点中80点以上取得すると
認定されます。