電子定款認証で設立費用を節約できる!

 

電子定款認証とは、電子データで作成された「電子定款」で認証を受けることです。

 

定款の内容は通常の「紙」に印刷した定款と何の違いもないのですが、「電子定款」で認証を受けるだけで、4万円(印紙税分)もコストダウンできます。

これまでは「紙」で作成した定款でしたが、電子での作成した定款でもその効力には違いはありません。
なぜ、電子定款認証はコストダウンできるのかと申しますと、「紙」で作成した定款は、印紙税法によって、4万円の収入印紙を貼りつけなければなりません。しかし、電子で作成した定款は印紙税法にはよらない為、この印紙代4万円が不要となるわけです。

 

電子定款の作成

  1. word等で定款を作成します。
  2. 作成したデータをPDF変換します。
  3. 発起人がそのデータに電子証明書を用いて電子署名します。
  4. 法務省オンライン申請システムで、定款を送信します。
  5. 公証人役場で定款を受け取ります。

上記簡単に電子定款認証の手順をご説明いたしましたが、実際にご自身で作成するとなりますと、記入すべき項目に漏れが生じたりする可能性もございますので、当事務所が代行サポートを行っておりますので、お気軽にお問合せください。

 

  • 無料相談実施中
  • 事務所案内
  • 事務所へのアクセス
  • 税理士・社労士など他士業の皆さまへ

Menu contents

事務所案内

事務所所在地の地図