風俗営業許可について

以下の営業をする場合には風俗営業許可が必要となります。無許可で次の業を営んだ場合、罰則の対象となりますので、必ず許可を受けましょう。

  • 1号営業-キャバレー等(飲食 + 接待 + ダンス 2~4号営業を包括するものです。)
  • 2号営業-料理店・スナック等(飲食 + 接待)※客にダンスをさせる場合は1号許可が必要になります。
  • 3号営業-ナイトクラブ等(飲食 + ダンス)※客へ接待をする場合は1号許可が必要になります。
  • 4号営業-ダンスホール等(ダンス)(政令で定めるダンス 教授者がダンスを指導する場合にのみ客にダンスをさせるものは除かれます。)※客への接待、飲食をさせる行為はできません 。
  • 5号営業-低照度飲食店 (飲食)
    喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った客席における照度を10ルクス以下として営むもの。 (第一号から第三号までに掲げる営業として営むものを除く。)
    ※客にダンスさせたり、接待することはできません。
  • 6号営業-区画席飲食店 (飲食)
    喫茶店、バー、その他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの。
    ※客にダンスさせたり、接待することはできません。
  • 7号営業-パチンコ店等
    マージャン店、パチンコ店その他設備を設けて客に射幸心をそそるそそれのある遊技をさせる営業。
  • 8号営業-ゲームセンター等
    スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として 射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える設備その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業。

 

 

  • 無料相談実施中
  • 事務所案内
  • 事務所へのアクセス
  • 税理士・社労士など他士業の皆さまへ

Menu contents

事務所案内

事務所所在地の地図